読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経営コンサルの割安株分析

現役経営コンサルタントが中長期保有を前提に中小型株を中心に分析。自身の専門性や調査・分析範囲(能力)に限界がある中で、様々なバックグラウンドを持つ方々との意見交換を行うことで、割安株への投資を実現することが目的です。

平安レイサービス(2344)2017年3月期決算

5月8日に当ブログでも分析を行った平安レイサービスの2017年3月期決算が発表されました。

www.con-invester.com

www.con-invester.com

 

FY17決算結果

結果は、3期連続の最高益達成です。

留まることを知らない成長という形ではありませんが、着実に業績を拡大しています。最高です。

f:id:con_invester:20170509115025p:plain

同時に発表された中期経営計画でも、堅実な業績が予測されています。

元々割安であるため、堅実な業績さえ継続できれば十分に株価の上昇が期待できます。

f:id:con_invester:20170509115644p:plain

純利益は横ばいでの推移が予測されていますが、予測まで含めて現在の株価からPERを算出すると、いずれも9倍前後です。

 

株価推移

株価の上昇も鈍っていましたが、復調の最中に今回の決算発表があったので、再び上値を試す展開になっていくと想定しています。

f:id:con_invester:20170509120324p:plain

 

やはりお気に入りの銘柄が好調を持続してくれるのは嬉しいですね。

株価は市場の反応でしかなく、後から付いてくるものなので我々バリュー投資家は業績にしっかりフォーカスしておきましょう。

 

これまでの分析でも再三強調してきた通り、平安レイサービスは、他事業からの送客という「顧客獲得手段」を有しながら、地域ドミナントによる「顧客維持」を実現するという見事なビジネスモデルを築いています。

市場も今後成長が予測されていることからも、おすすめの銘柄と言えそうです。