読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経営コンサルの割安株分析

元経営コンサルタントが中長期保有を前提に中小型株を中心に分析。自身の専門性や調査・分析範囲(能力)に限界がある中で、様々なバックグラウンドを持つ方々との意見交換を行うことで、割安株への投資を実現することが目的です。

タケダ機械(6150)企業分析①

今回はタケダ機械(6150)について分析を行いたいと思います。

タケダ機械は東証JQS上場で、時価総額は27億円(2017/3/17時点)

 

企業概要

タケダ機械は形鋼加工機、丸鋸盤、プレセット金型などの金属加工機メーカーです。

所謂、工作機械メーカーですね。

事業構成(FY16)は形鋼加工機(65.2%)、丸鋸盤(13.0%)、金型(7.6%)、部品(9.2%)、OEM(3.5%)、サービス(1.5%)という内訳になっています。

f:id:con_invester:20170317135316p:plain

f:id:con_invester:20170317135405p:plain

また、タケダ機械の高い技術力を評価した工作機械大手のアマダからオファーがあり、2008年に国内OEMにおける業務提携を締結。2011年には海外OEMにおける業務提携も締結しています。

 

業績

f:id:con_invester:20170317135457p:plain

FY2012から増収増益となっています。売上はFY2012から7%と非常に高い成長を実現しています。また、ROSも改善しており、FY2016では11.9%となっています。

 

これは同規模の工作機械メーカーと比較しても圧倒的に高い水準となっています。

f:id:con_invester:20170317135518p:plain

 

一時的な売上の落ち込みを経て、業務合理化を積極的に取り組んだ結果のようです。

f:id:con_invester:20170317135543p:plain

 

株価

そんな中、業績の急拡大を好感する形で2015年7月に548円を付けます。
(半年で約5倍)

その後成長が鈍化するとニュースと市場全体のリスクオフが重なり株価は急落。2016年2月に159円を付けます。(高値から半年で1/3以下に)

f:id:con_invester:20170317135618p:plain


かなり激しい値動きとなっていますが、現在は200円台後半で推移しています。

 

 

過去の推移から、今後も高値を目指すポテンシャルは十分にあります。

確かな技術力を持っている中で、今後市場環境はどうなっていくのか、その中でどんな戦略を描いているのかという点について、次回分析を行いたいと思います。